大原簿記学校メルマガ第3弾 | 税理士法人アイ・タックス 最新ニュース


税理士法人アイ・タックスTOP >最新ニュース > トピックス > 大原簿記学校メルマガ第3弾

大原簿記学校メルマガ第3弾

2007年4月11日 [ トピックス ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■スペシャル連載企画■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆税理士の仕事・解体新書☆『 税理士ほど素敵な商売はない!? 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ 女性でも男性でも、業界を変える若い力に期待してます! ◇
◆                             ◆
◇ 森脇仁子先生(税理士法人アイ・タックス代表)に聞く・その3 ◇

顧問先の数は順調に増えていき、仕事が軌道に乗るとともに自信も生まれてきました。
実際、私なりに工夫を凝らした手法で税務と経営を見てきた顧問先の多くは、
嬉しいことに着実に発展していました。

どんな規模の会社でも、毎月の数字をきちんと管理していけば業績は伸びるのです。
ビジネスが拡大していくだけではありません。
会社として組織が整ってくると、よい人材が多く集まるようになり、
社の雰囲気や人間関係まで良好になるのです。

そのような変化を間近で見て経営者の方と共に喜び合えること、
それこそが税理士業の醍醐味なのだと思います。

一方で、「困った経営者」の方もまだまだ少なくはありません。
新しく紹介を受けたお客様のなかには、
「数字のことはわからないから」とすべてをまるごと預けてくる方が時折りいらっしゃいます。
実はそれが一番の税理士泣かせなのです。

経営者が会社の業績をわかっていないままで、企業が勝手に伸びていくはずありません。
企業の大小にかかわらず、
トップが自分の会社の"数字"を把握しておくことが、経営には不可欠なのです。

そのような根本的な部分から啓蒙していくことも私たちの仕事の一環ではあるのですが・・・。

日本の会社、特にベンチャーと呼ばれる企業群が、
諸外国の企業に比べて脆弱に見えるのは、そこに一因があるのではないかと感じています。

―――資格を取ってからの数年間、世の人の役に立つ税理士になろう、と信念を持ってがむしゃらに頑張りました。

そのときの経験から「満足のいく状況は自分自身で作り出すものなのだ」と確信し、
現在に至ります。

そしていまも、全力で走り続けています。

 ■森脇仁子(もりわき・ひとこ)氏 プロフィール
 神奈川県出身、慶應義塾大学卒。大企業に就職し花のOL生活を送った後、
 人生の紆余曲折を経て税理士を目指し、4年半で合格。平成10年に個人事務
 所開設。より手厚いサービスを顧客に提供するため、平成15年、税理士法人
 アイ・タックスを設立。

 ******************************************* 次回に続く■




<< 大原簿記学校メルマガ第2弾 | 最新ニュースTOPへ | 経営者道場2007開催 >>

PageTop

最近の新着情報

MENU

Company Menu

Company Information

税理士法人アイ・タックス

 東京事務所
住所:〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-1-11
郁文堂青山通りビル2F
電話:03-6805-0355
FAX:03-6805-0366
東京事務所お問い合せ 

 福井事務所
住所:〒918-8104
福井県福井市板垣5-901
板垣プラザ2F
電話:0776-33-1060
FAX:0776-33-6040
福井事務所お問い合せ 




税理士法人アイ・タックスTOP - コンセプト - 会社概要 - 業務案内 - スタッフ紹介 - メディア掲載 - 最新ニュース

求人・採用 - プライバシーポリシー - おすすめサイトのご紹介 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。