セルフメディケーション税制 | 税理士法人アイ・タックス ブログブログ

税理士法人アイ・タックス ブログTOP > 税金 > セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制

2017年2月10日 [ 税金 ] この記事のURL


みなさまこんばんは。

今日の雪は今年一番というぐらい、たくさん降っていますね。
車の運転には十分注意して下さいね。

今回のブログでは、新しい税制の事について書きたいと思います。

平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けられるセルフメディケーション税制というのが始まりました。

概要は、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして一定の取組を行う個人が平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に自己または自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(上限8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除できるという税制です。


事務所通信の2月号の一番最後のページにも簡単に書かれています。
また、厚生労働省のホームページには詳しく書かれています。
セルフメディケーション税制対象医薬品も一覧で見ることが出来ます。


薬をたくさん購入される方は是非レシートを保管しておいて下さい。
また上記に書かせて頂いた通り、一定の取組を行わなければいけません。一定の取組とは予防接種等が挙げられます。
一定の取組を行った証明書類も必要になります。こちらも保管しておいて下さい。


                     ↓↓↓↓↓↓↓↓対象商品はこちらが目印です。

selfmedication-680x336[1].png

分からないことがあれば、担当者までお問合せ下さい。


福井事務所 武瀬



<< 経営支援セミナーを開催しました ... | 最新ニュースTOPへ | 蓬莱祀(おらいし) >>

PageTop

税理士法人アイ・タックスTOPへ

今日一日また金の風

MENU

ARCHIVES