経営者保証なしで融資が受けられる時代へ | 税理士法人アイ・タックス ブログブログ

税理士法人アイ・タックス ブログTOP > 経営 > 経営者保証なしで融資が受けられる時代へ

経営者保証なしで融資が受けられる時代へ

2014年8月 4日 [ 経営 ] この記事のURL

日本では、中小企業の86%が、借入の際、経営者の個人保証を提供しています。
個人保証があるため、新規事業、設備投資や事業再生、事業承継など、新たな事業展開をしたいと思っても、経営者の心にストップをかける原因となっていました。

経済政策の三本の矢のひとつである「新事業の創出」をするためには、中小企業の活力を引き出すことが不可欠であり、一度失敗したら、経営者は個人資産も含めてすべてを失い、立ち直りがきかないことになり兼ねないこの制度を改め、「一定の場合に経営者保証を求めない」等のガイドラインが策定されました。

keiei2014-08.jpg

<<「経営者保証に関するガイドライン」の概要>>
経営者保証に関するガイドラインは、経営者の個人保証について、
(1)法人と個人が明確に分離されている場合などに、経営者の個人保証を求めないこと
(2)多額の個人保証を行っていても、早期に事業再生や廃業を決断した際に一定の生活費等(従来の自由財産99万円に加え、年齢等に応じて100万円~360万円)を残すことや、「華美でない」自宅に住み続けられることなどを検討すること
(3)保証債務の履行時に返済しきれない債務残額は原則として免除すること

などを定めています。


会社と経営者との関係(業務、経理、資産所有等)を明確に区分、分離する

信用力を強化するために、「中諸企業の会計に関する基本要領」のルールに基づいた、信頼性のある決算書を作成しましょう。金融機関に求められても毎月きちんと試算表を提供できる仕組みが大切です。

事例集も発表されていますから、ぜひ参考になさって、財務基盤を強いものにしていきましょう。

【事例集】



<< 交通安全 | 最新ニュースTOPへ | モルちゃんがやってきた! >>

PageTop

税理士法人アイ・タックスTOPへ

今日一日また金の風

MENU

ARCHIVES