38豪雪を思い出す | 税理士法人アイ・タックス ブログブログ

税理士法人アイ・タックス ブログTOP > 福井地域情報 > 38豪雪を思い出す

38豪雪を思い出す

2013年1月21日 [ 福井地域情報 ] この記事のURL

私が福井の地に住むようになったのは、昭和20年の終戦からです。
今日まで約67年経ちます。

その間、豪雪にあったのは昭和38年と昭和56年の2度、 38豪雪 と 56豪雪 です。
中でも、38豪雪は、1月の20日頃から1週間、毎日30センチから50センチの雪が降り続きました。
1週間で約3m位の大雪です。

毎日毎日が屋根の雪下ろし、屋根の雪を下ろしますから道路という道路、雪で埋め尽くされました。
勿論車一台通りません。
JRも地方鉄道も全く動きません(こんな状態が約半月続きました)。

当時の福井市長 坪川さん が先頭に立ち、道路の除雪に活躍され、
ようやく道路を車が走れるようになったのが、2月の中旬と記憶しております。

当時はタイヤショベルカー、ブルドーザー等が少なかった事もあって、
除雪に時間がかかりました。
普通の生活が出来るように成ったのは2月の下旬です。

今年は例年に無く、雪の少ない1月を過ごしております。
このまま雪が降らないとありがたいのですが。

                                               福井事務所  片岡



<< JR"マル得"切符のご紹介 ... | 最新ニュースTOPへ | 我が家のチャレンジ... >>

PageTop

税理士法人アイ・タックスTOPへ

今日一日また金の風

MENU

ARCHIVES