事務所通信1月号 | 税理士法人アイ・タックス ブログブログ

税理士法人アイ・タックス ブログTOP > > 事務所通信1月号

事務所通信1月号

2016年12月19日 [] この記事のURL


 
先週は雪も降り、思ったよりも積もりましたね。
冬がやってきてしまったなと感じる今日この頃です。


今回は事務所通信の1月号の内容を紹介したいと思います。

一月号の事務所通信には

自分(自社)ユニークネス(強み)の発見

について書かれています。

AI化(人工知能)が進む中で中小企業が生き残るためにはという事で、元巨人軍の桑田選手のお話が取り上げられています。
桑田選手といえば、PL学園で甲子園を制覇し、プロ野球でも名の知れた存在だったと思います。
天性の才能に恵まれたと誰もが思いがちですが、実は何度も挫折し、それを克服した努力型人間だそうです。

桑田選手は母親に言われた『自分らしく、自分のペースで』
という言葉をヒントに いろんな力を総合力として生かせないか ということを考えたそうです。

こうして何度も困難を乗り越えてきたそうです。

桑田選手は自分でひとつだけ才能があったと言っています。
それは努力を重ねる才能だそうです。

すばらしい才能だなと僕は思いました。 

また、桑田選手の講演や著作も企業経営者に喜ばれているそうで、一流の強みはなくても、複数の準一流を磨いて総合力を上げる
という考え方が経営のヒントになったり、目に見えない『強み』の大事さに気づかされるからではないかと書かれています。


皆様も是非、事務所通信の1月号ご覧になってみてください。

IMG_1507.JPG


福井事務所 武瀬



<< 文庫X | 最新ニュースTOPへ | 青の洞窟 >>

PageTop

税理士法人アイ・タックスTOPへ

今日一日また金の風

MENU

ARCHIVES