高齢者講習を受けて | 税理士法人アイ・タックス ブログブログ

税理士法人アイ・タックス ブログTOP > その他 > 高齢者講習を受けて

高齢者講習を受けて

2012年10月15日 [ その他 ] この記事のURL

運転免許証の更新期間が満了する日(誕生日の1ヵ月経過後)における、
満年齢が70歳以上になると、道路交通法により「講習予備検査(認知機能検査)」
「高齢者講習」等の受講が義務付けられます。

免許更新の事前に受講しないと運転免許証の更新が出来ません。
11月に更新手続きがありますので10月11日に高齢者講習を受講してきました。 P1000106.JPG


認知機能検査では16枚の絵柄を見て10分程経過後に、
どのような絵柄があったか答えるテストがあり、
記憶力・判断力に心配ありません。
という結果通知を受け(講習予備検査)高齢者講習を受講します。

【動体視力測定】
真っ暗の中から小さな円が出てきて、円がだんだん大きくなってきます。
円の切り口が上、下、左、右の判定をします。判定にかかる時間が長い程動体視力値(30Km/h)が悪くなります。
 <測定の結果>
  30~59歳の平均よりやや低いです。
  加齢と共に動体視力は低くなります。
  安全速度を守り安全運転に努めましょう。
 という結果でした。


【夜間視力測定】
  30~59歳での平均と比べ普通です。
  加齢と共に夜間視力は低くなります。
  安全速度を守り安全運転に努めましょう。


【運転適性検査】
  テレビ画面を見ながら車を走らせる検査をします。
  障害物を避けながら黒、青、黄、赤の印しが出ます。
  黒は走れ、青はそのまま走れ、黄はアクセルを離せ、
  赤はアクセルを離してブレーキを踏めの操作を繰り返し行います。

☆☆総合コメント☆☆

 あなたの本検査による機能は、全般的にやや優れています。
 また非高齢者と比較しても、やや優れています。
 しかし安全運転は認知、判断、操作の各機能のバランスがとれ、
 それが迅速に発揮されねばなりません。
 従ってゆとりのある運転が必要です。

無事高齢者講習を終了しましたので、来月運転免許証の更新を行います。
違反はしない、事故は起こさない、誰でも事故を起こそうと思って運転している人はいないと思います。
しかし事故は毎日何処かで起きています。事故は違反の延長線にある。
違反をせずに安全運転を心がけます。

                                   福井事務所   片岡



<< お気に入りの店 | 最新ニュースTOPへ | Disney On Ice >>

PageTop

税理士法人アイ・タックスTOPへ

今日一日また金の風

MENU

ARCHIVES